自己探求の旅⑦~統合~

それぞれのなかの

「私」という人生ドラマの出来事は、

すべて自分の思考が創りだした自己のイメージの幻想であることがわかってきた。

 

思考と本当の自分が同一化し、思考の語る物語だけを自分だと信じ込んでいるのだ。

 

 

宇宙には無限の可能性があり、どのようなことも起こりうる可能性を秘めている。

 

私たちには無限の可能性がある。

 

 

思考は過去の経験の記憶によって私たちを制限している。

思考の制限から解放された私たちは、本来の自分の能力を発現させることができるようになるのだ。

 

私たちの自我は、本来は宇宙そのものの目的を達成するために存在している。

 

ただそれを忘れていることが問題なのだ。

 

宇宙にゆだね、あるがままをゆだね、起こることをゆだね

内側からわいてくる自分の本当の気持ち、

この感覚こそが、「本当の自分」から発せられる真実の声なのだ。

 

この声こそが、真に価値あるもので、無限のパワーをひきだして

自分自身を宇宙そのものに誘ってくれる。

 

 

 

多くの人の人生を見てきて、

過去のカルマやいろいろな思い込みをどんどん解放していくと、

人生は更に楽になり、自由で、愛と喜び溢れるものになっていく様を目の当たりにしてきた。

 

 

そして己を知れば知る程どんどん加速するように人生が好転していく。

これは一般的な良い悪いというようなものではない。

また、問題や試練というものがなくなったわけでもない。

 

受け入れ方、受け取り方のちがいなのだ。

 

やりたいことを制限することなく、また躊躇することもなくできるようになっていくのだ。

宇宙生命の一部としての存在がシンクロニシティを起こし、

そうなるものになっていくのである。

 

そしてたくさんの宇宙の家族たちと繋がることができるのだ。

 

 

誰でも思考の制約から抜け出し、

愛と喜びの中で生きることが可能なのだ。

 

たとえこの人生という旅の途中で何らかの行き詰まりを感じていたとしても

苦悩や痛みを抱えて自分を愛せないでいたとしても、

そんな自分に気づいているだけでいいのだ。

 

また、どうしてもやらなければいけないこともない。

委ねて生きる「おまかせコース」に身を投じることができれば、

次に何が起こっても、自動的に「お楽しみコース」に移行し見守ることができる。

 

それが人生を楽しむ秘訣。

 

 

あなたしかできないあなたらしい望む生き方を今すぐ選択することだ。

ブッダやキリストの本質は実はあなたの中にも存在しているのだ。

 

 

外側の世界を探す必要なんかない。

 

ただ自分自身の内面の宇宙を思い出しさえすればよいのだ。

思い出したあとは、その状態でリアリティの世界で愉しめばよいのだ。

 

自分らしくありのままに人生を創造することは、

 もともと誰の中にも内在する喜びであり、遊びであり至福なのだ。

 

 

 

 

 

 

愛と感謝を込めて

ビブーティ